パズル一枚の思い

2010.10.09 Saturday 01:52

 

※佐賀新聞に載せてもらった記事です。

 ペイントイットのパズル制作は想像以上に大変だったけど、やっぱりやってよかったと思う。キャンバスに絵を描き、それを5000ピースに切り分け、プロジェクトをサポートする5000人の手に渡る。
 ある人は「この1ピースを持っていることを誇りに思います」という手紙を届けてくれた。ある人は自分の1ピースを見にいつかケニアに行きます!と言ってくれた。
 そう、この絵はケニアの小学校に描かれるのです。マゴソの壁いっぱいに太陽と世界の絵が!!5000人の人に、完成したその壁画と子供たちの笑顔を見てもらいたい。そしてその絵の一部が自分の手元にあることを感じて欲しい。それが絵という表現方法の新しい可能性だと思う。

 何より僕自身が、あの絵をマゴソスクールに描いたときに何を感じるか、とても楽しみなのです。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

イベントスケジュール

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 赤松小学校
    tumugi
  • マゴソスクールの工事状況
    みつる
  • マゴソスクールの工事状況
    ミヤケン
  • ミヤザキケンスケ制作日誌
    MiNa
  • ミヤザキケンスケ制作日誌
    後閑
  • ミヤザキケンスケ制作日誌
    MiNa
  • 筑波大学での講義
    うたちゃん
  • アフリカ
    MiNa
  • はじめまして
    MiNa
  • 大きな輪
    MiNa

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode